腰痛 TOP >  ぎっくり腰大辞典

ぎっくり腰大辞典

腰痛と人類の関係

4本足で歩行から直立して2本足で歩くようになった人類にとって、腰痛と肩こりは避けることができないといわれています。 特に腰痛は、全世界の80%もの人が一生に1度や2度は経験するといわれています。 また、ぎっくり腰になる人もたくさんいて悩み苦しんでいます。 平成10年に厚生省(今の厚生労働省)が実施した「国民生活基準調査」では、身体の不調を訴える人の中で「腰痛」が最も多く、次いで「肩こり」が多いとい...

ぎっくり腰はデスクワークの人に多い

長時間座ったままでいるデスクワークの人のほうが、営業職や肉体労働などの体を使う人よりも、ぎっくり腰や腰痛になりやすいといわれるのは何故でしょう。 ぎっくり腰や腰痛になるのは、腰の筋肉が疲労しているためです。 疲れたら体を休める事が一番なのは知っていると思いますが、腰の筋肉にとっては休ませるという行為は逆効果なのです。 じつは腰の筋肉は、静止しているほうが歩いているよりも疲れるものなので、体が静止し...

立ち仕事でも腰痛を招く

人間はずっと直立したままでいることはできません。 無意識に体重を左右の足に振り分けて片足ずつ休めています。 ですから、ただ立ちっ放しでいるだけなら腰への負担はそれほど大きくありません。 満員電車で立っているときも、電車の揺れや振動は腰をリラックスさせる効果があります。 しかし、ギューギュー詰め車内では自分のとりたい姿勢がとれないので、腰にかかる負担が大きくなります。 また、1日中立ちっ放しで仕事を...

腰痛は子供にも増えている

大人の症状と思われていた腰痛や肩こりは、最近では子供たちにまで多くなっています。 最近の子供たちは、昔の子供たちと比べて平均身長は伸びていますが、跳んだり走ったり、重いものを持ったりという力、筋力が低下しているといわれています。 子供たちの姿勢を崩している一因には、筋力の低下も含まれると思われます。 姿勢が悪いと、当然、腰痛や肩こりの原因になるのです。 小学校の授業参観で、机に向かって字を書く子を...

運動不足は腰痛の原因

運動不足により筋力が低下すると、姿勢も悪くなります。 姿勢が悪いまま過ごしていると、腰痛やぎっくり腰を起こしやすくなります。 現代人は歩くことが少なくなっているので運動不足になりがちです。 ちょっとそこまで買い物に行くのにも車を使い、車を使わない人でもせいぜい自転車に乗るくらいでしょう。 仕事に行っても、どこの建物にもエレベーターやエスカレーターがあり、階段を使う必要がないのも事実です。 都心では...

肥満も腰痛の原因

肥満だと、体重を支える筋肉や靭帯が疲労しやすくなるので、骨もずれやすくなり、ぎっくり腰や腰痛に悩まされることになります。 骨や筋肉は老化によって弱っていきます。 また、基礎代謝量も加齢とともに落ちていきます。 食べてばかりで運動をしなければ肥満になるのは当然ですが、基礎代謝量が落ちることで、加齢とともに太りやすい体質にもなっていくのです。 しかし、現在では、20代の若さで、腰痛やぎっくり腰に悩んで...

椅子に座る姿勢も大切

座っていても理想の背骨の形は立っているときと変わりません。 ゆるやかなS字カーブを描くように、どんな形状の椅子でも背筋を伸ばして、お腹を引き締めるように座ります。 長時間椅子に座って仕事をする人は、正しい姿勢を保つ事が大切なのです。 椅子に座ると必ず足を組む癖のある人は要注意です。 骨盤の関節(仙腸関節)は左右に1つずつありますが、その片方がずれていると、ずれている側に体重がかけられません。 その...

不景気で腰痛の人が増える?

ぎっくり腰や腰痛は、身近な生活習慣からばかりでなく、社会的環境に起因する場合もあります。 不況によるストレスが蔓延しているここ数年、腰痛を訴える人が以前にも増して増えています。 精神的なものが原因となって起こる腰痛が増えているのです。 めまぐるしいスピードで移り変わる現代社会で生きる人間のストレスの大きさは計り知れません。 特にここ数年続いている不景気は、株価の低迷や会社の倒産、リストラや失業とい...

腰の危険度チェック

今現在、自分の腰はどのような状態なのか、健康なのか、それとも注意が必要なのか、あるいはすでに危険な状態にあるのかをチェックしてみましょう。 次のいくつかの項目で当てはまるものをチェックし、カッコ内の数字を足して危険度数を計算してみましょう。 ①朝、起き上がるとき腰が痛む(5点) ②朝、洗面所で顔を洗うとき腰が痛む(3点) ③1日2時間以上、同じ姿勢でいる(2点) ④1日の歩く時間を合計すると平均3...

何故ぎっくり腰になるのか

人はなぜ腰痛やぎっくり腰になるのでしょうか? 4足歩行から2足歩行をするようになったからでしょうか? 腰で重い上半身を支えているからでしょうか? それだけが腰痛になるという理由なら、すべての人が腰痛やぎっくり腰になるはずですね。 では、疲労が腰痛の原因なのでしょうか? また、疲れるのは老化現象なのでしょうか? 人は健康な状態であれば無意識にどんな行動をとっても、自分の上半身や下肢を重たく感じたり、...

この商品に興味がある方へ おすすめ商品人気ランキング    
美姿勢座椅子リッチ 美姿勢座椅子リッチ 知恵まっと 知恵まっと 馬具マットプレミアム
お医者さんの姿勢クッション
姿勢がピンっと伸び、毎日繰り返すことで習慣化され長時間座っていても疲れにくい体になる姿勢クッション
お医者さんのリビング円座クッション
形外科専門医と共同開発 リビングや和室で長く座れ安定感抜群のお尻に優しいクッション
凛座エアリフト
首都大学東京との共同開発。骨盤と腰椎を自動で動かし長時間座っていても腰を楽に。
骨盤ゆったり座椅子
広島大学共同研究商品。座面が22cmと高く設計。骨盤が前傾し良い姿勢が保たれます。
馬具マットプレミアムEX
人気の馬具マットプレミアムがパワーアップして登場。腰もたれが広くなって腰が包まれるような安定感。
10
モレキュット モレキュット モレキュット 薄型下腹すっきりベルト 美姿勢座椅子エグゼボート
骨盤ポール座椅子 NOBIIIL
骨盤・背骨・肩甲骨・首の骨格を元に作られた座椅子で、座ってぐーんと伸びをするだけで全身一気にスッキリさせてくれます。
背筋がGUUUN美姿勢座椅子 クラシック
【背筋がGUUUN美姿勢座椅子】から和洋問わないリビングにぴったりなゴブラン柄登場!
らくらく温泉腰サポーター
リハビリ温泉病院の専門作業療法士との共同開発により生まれた、鍛えながら補助してくれる腰サポーターです。
姿整快適クッション
椅子に敷いて座るだけで理想的な姿勢に。床に座るときに使う、「あぐら用」クッション にも。
美姿勢座椅子エグゼボート
背筋がグーンと伸ばせる美姿勢座椅子エグゼボート(ゆったりタイプ)
11 12 13 14 15
馬具マットプレミアム お医者さんの円座クッション 中川式ストレッチングベンチプラス ZEHI
お医者さんのがっちりコルセット
3本の強力なベルトで腰をがっちりサポート、医師考案の腰痛コルセット
グレードアップした馬の鞍の腰楽マット
乗馬の鞍をコンセプトにグレードアップした腰楽クッション
お医者さんの円座クッション 
医師が考案した腰に優しい低反発円座クッション
中川式ストレッチングベンチ
腰痛・肩こりに 足から腰・背中・肩・首までストレッチができるストレッチマシン
ZEHI
寝ている間に腰を包み込んで温めながら、腰の負担を軽減する湯たんぽ
16 17 18 19 20
メディカルベルトスリミング お医者さんのコルセット プレミアム 美姿勢座椅子 お医者さんの円座クッション 美姿勢座椅子リッチ
シークレットスカート チュニ
おしゃれを楽しみながらこっそりお尻やお腹周りを隠してくれるシークレットスカートです
お医者さんのコルセット プレミアム
Wベルトでさらにサポート力がアップした医師考案の腰痛コルセット
美姿勢座椅子
正しい姿勢が自然と身につき、腰痛予防、背筋がグーンと伸ばせる座椅子
匠の腰楽座椅子コンフォシート
3人の匠が腰の負担軽減を追求したこだわりの高級座椅子
美姿勢座椅子リッチ
背筋がグーンと伸ばせる大人気美姿勢座椅子のリッチタイプ
21 22 23  24  25
ソルボらく楽コンフォートマット 知恵まっと バイオメカコルセット:動きやすさを追求した筋肉が弱らない新しい腰痛コルセット もまれる腰楽スリムクッション メディカルベルトスリミング
ソルボらく楽コンフォートマット
圧力を分散して腰を安定させるソルボクッション。腰痛、車の運転、デスクワークにも最適。
スタイルキーパー
お尻に敷くだけで背筋がピンと伸び、腰痛の原因となる悪い姿勢を自然に正します
バイオメカコルセット
動きやすさを追求した筋肉が弱らない新しい腰痛コルセット
もまれる腰楽スリムクッション
1日5分寝るだけで腰痛・腰のコリがスッキリする揉まれる指圧クッション
メディカルベルトスリミング
高純度99.99%ゲルマニウム粒を使用した医療磁気ベルトで筋肉のコリをほぐし血行を改善

サイトMENU

Copyright (C) 2007 腰痛. All Rights Reserved.